若狭塗箸

若狭塗箸とは

若狭小浜市は全国の塗箸の約80%以上を生産をしている「お箸の町」。
生産量が多いだけではなく、歴史も1600年前後からと古く、若狭塗箸の特別な技法は日本人なら一度は目にしているはずです。
貝殻や卵殻を漆の中に埋め込んで、美しい海底の様子を描き出す技法は若狭塗り独自の伝統で、色とりどりの色漆で十数回も塗重ね、漆の層を丹念に研ぎ出し磨き上げることで、若狭塗箸特有の美しい海底の模様を描き出します。
若狭塗箸

若狭塗箸の歴史

約400年前、江戸時代初期慶長年間、に、小浜藩の漆塗職人「松浦三十郎」が、中国の漆器作りの技術にヒントを得て、海底の様子を図案化したことが始まりです。
その後、弟子によって「磯草塗(いそくさぬり)」があみだされ、万治年間に現在まで伝わる方法が完成し、当時の小浜藩主がこれを足軽の内職として若狭塗と命名し藩を挙げて手厚く保護・奨励しました。江戸中後期の全盛期には、200種類以上の塗手法が完成されていたそうです。
近年ではNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」ヒロインの実家が伝統的な若狭塗箸職人の家との設定であったため、改めて全国的に知れ渡りました。
若狭塗箸

1.代金引換決済はご利用いただけません。(銀行振込、カード決済をご利用くださいませ。)
2.日付指定、時間指定が出来ません。
3.税込5,250円以 上お買い上げで送料無料
4.こちらの商品はメー ル便にてお届け致します。 →メール便の詳細はこちら

全4品  並べ替え:[ 価格 ] [ 商品名 ]

 
純金三ッ貝 夫婦塗箸 黒・朱
 
純金三ッ貝 夫婦塗箸 黒・朱
5,000円(税込5,500円)
 
 
金手綱 夫婦塗箸 黒・朱
 
金手綱 夫婦塗箸 黒・朱
5,000円(税込5,500円)
 
 
西陣 夫婦塗箸
 
西陣 夫婦塗箸
6,000円(税込6,600円)
 
 
榎 夫婦塗箸
 
榎 夫婦塗箸
6,000円(税込6,600円)